平成28年度公益財団法人山形県体育協会臨時評議員会

2017年03月25日(土) | コメント(0)

平成28年度公益財団法人山形県体育協会臨時評議員会が平成29年3月24日、山形県スポーツ会館大会議室で開催され、大宮常務理事が出席しました。内容は以下の通りです。
・武田山形県体育協会理事長より挨拶があり、引き続き一般財団法人陸上競技協会矢萩治男評議員が議長となり協議に入った。議事録署名人は、高体連佐藤裕恒評議員と上山市体育協会小川久義評議員が選出された。
・会務報告として、①第43回東北総合体育大会及び第71国民体育大会の結果について…天皇杯26位と昨年36位から躍進、バレーボールは成年女子、少年女子が出場したが競技得点を得ることはできなかった。②第72回国民体育大会冬季大会の結果について…昨年3位から11位に入後退した、秋の競技に期待したい。③平成28年度山形県体育協会表彰について…平成29年2月24日山形県庁で、殊勲賞35・激励賞16・功労賞12などが表彰された。
・協議として、①平成28年度補正予算…事業活動収入1,0588035円増の53,501,551円、事業活動支出1,318,220円減の80,124,002円となり、当期収支差額が539,370円の増の△912,561円となり承認された。②平成29年度事業計画並びに予算について…県民総スポーツの普及振興と競技力向上、青少年の健全育成を目標に掲げ実施するとし、(東北総体は、主会期H.29,8,18~8,20秋田県)事業活動収入80.026,270円、事業活動支出を115,921,888円当期収支差額△841,918で承認された。③平成29~30年役員選出について…任期は平成28年の評議員会から3年だが人事異動で退任される方がいると思われるので、辞職願を平成29年3月31日付けでお願したい。異動等がない場合は必要ない。旨提案があり承認された。以上

カテゴリー:協会

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

※悪質・誹謗中傷などのコメントは、見つけ次第削除いたします

CAPTCHA