平成28年度山形県精神障がい者スポーツ推進協議会理事会

2016年07月27日(水) | コメント(0)

7月26日(火)平成28年度山形県精神障がい者スポーツ推進協議会理事会が山形市小白川町の山形県精神保健福祉センターで開催され、斎藤篤常務理事が出席しました。大谷浩一会長(山形大学医学部教授)の挨拶に続いて議事に入り、事務局から平成27年度事業報告及び決算報告、平成28年度事業計画(案)及び予算(案)がそれぞれ提案され、原案どおり承認されました。
続いて、平成27年度に提案された山形県精神障がい者スポーツ振興助成事業の要領及び既に提出された7件の申請書の内容について審査に入りました。いずれもバレーボール県大会に参加するチームからの申請であったため、理事から、なぜバレーボールだけなのか、他の競技、例えばフットサルやフライングデスク等を行っている団体もあるが、これらは該当しないのか、という発言がありました。事務局からは、引続きどんな精神障がい者スポーツ大会が実施されているか調査していくという回答がありました。また、今年度の県精神障がい者バレーボール大会は11月19日(日)に上山市体育文化センターで昨年度と同じ7チームが参加して開催されます。技能五輪開催の関係で、従来開催していた時期よりも1カ月遅れ、かつ県総合運動公園総合体育館が使えない状況だということです。いずれにせよ、県バレーボール協会は例年どおり審判員を派遣して大会運営に協力していきます。

カテゴリー:協会

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

※悪質・誹謗中傷などのコメントは、見つけ次第削除いたします

CAPTCHA