平成28年度東北クラブバレーボール連盟課題別研修会

2017年01月08日(日) | コメント(0)

平成28年度東北クラブバレーボール連盟課題別研修会が、1月7日(土)に岩手県一関市市民センターで開催されました。本県から齋藤和敏県クラブ連盟理事長が出席しました。その内容はつぎのとおりです。
 研修項目としては、東北ブロック管内各県連盟の①日本クラブ連盟常任理事会等会議結果報告、
②震災復興大会、みちのくカップ大会の反省と今後について、
③震災復興大会、みちのくカップの決算報告について、
④平成29年度東日本ブロック大会とみちのくカップの開催について、それぞれの議題について意見交換を行いました。
 続いて、平成29年度第4回東日本ブロッククラブバレーボール選手権大会及び第14回東北クラブバレーボール選手権大会(みちのくカップ)について、平成29年10月20日(金)~22日(日)の日程で一関市総合体育館ほか2会場において開催予定であることが加藤治岩手県クラブ連盟理事長から
報告がありました。
大会は、東日本大会が6人制男女12チーム、みちのくカップが6人制男女12チームと9人制男女12チーム、加えてエキシビションとして9人制男子マスターズ大会に6チームが参加し、計42チーム約500人の選手が集う大規模な大会となる予定です。 以上

カテゴリー:協会

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

※悪質・誹謗中傷などのコメントは、見つけ次第削除いたします

CAPTCHA