平成29年度公益財団法人山形県体育協会定時評議員会

2017年06月13日(火) | コメント(0)

平成29年度公益財団法人山形県体育協会定時評議員会が平成29年6月12日午後1時30分から山形県スポーツ会館大会議室で開催され、大宮常務理事が出席しました。内容は以下の通りです。
会議に先立ち平成28年度功績に対して表彰式があり、殊勲賞1名が受賞しました。(バレーボール関係者なし) 武田理事長より挨拶があり、引き続き小野評議員が議長となり協議に入った。議事録署名人は、工藤評議員と佐藤裕恒評議員が選出された。
・協議として、①平成28年度事業報告(案)は、1スポーツの振興に関する事業2少年スポーツの振興に関する事業3競技力の向上に関する事業4財政の確立と組織体制の充実と決算(案)が原案のとおり承認された。②評議員の欠員補充について9名が承認された。③理事及び監事候補者について35名の理事と3名の幹事が承認された。・第44回東北総合体育大会について報告があり、冬季大会は昨年より成績が落ちているので、目標を達成するためには、この大会に期待しているとのことであった。休憩後、役員・評議員懇談会が開催されて会長吉村山形県知事以下照会があった。バレーボール関係では、川合勝芳氏と鈴木和弘氏が理事に選出された。 以上

カテゴリー:協会

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

※悪質・誹謗中傷などのコメントは、見つけ次第削除いたします

CAPTCHA