公益財団法人日本バレーボール協会2016年度第2回加盟団体代表委員総会

2017年02月16日(木) | コメント(0)

平成29年2月15日13:00より、公益財団法人日本バレーボール協会2016年度第2回加盟団体代表委員総会が東京体育館第1会議室で開催され、川合専務理事が出席した。木村会長の挨拶に続き、愛媛県の尾形氏が議長に選出され議題に入った。内容は次の通りです。
1)第8期・2017年度事業計画について(林事務局長)
 ・事業方針と5つのアクションが説明された。
2)第8期・2017年度予算について(林事務局長)
 ・前年度予算との比較で説明があり、経常収益は2,559,300,000円と前年より281,410,000円増で、経常費用は2,612,750,000円と前年より338,783,000円増の予算となり、当期経常増減額が△53,450,000円との説明があった。また、内訳の科目を公益事業と収益事業、法人会計に分けて表示されているとの説明があった。
3)中期計画について(林事務局長)
 ・2050年構想(Ⅰプレーヤー人口 Ⅱ事業規模 Ⅲ技術力 Ⅳ社会貢献 Ⅴ高潔性)を踏まえ、2020年までの数値目標を達成する上で、JVA内で抽出・共有された現在の課題を分析し、アクションプランを計画した内容が説明された。
4)役員候補者推薦依頼について(林事務局長)
 ・役員改選期となり、候補者推薦期間(2/28)やスケジュールの説明があった。
5)MRS(個人登録管理システム)の構築について(業務部 村上氏)
 ・2018年3月から新登録制度が開始予定。現在の問題点や新システムで改善される機能、配布方式を見直し積算方式に変更するなどの説明があった。
6)2017年度版ルールブックの販売について(林事務局長)
7)ビーチバレーボール事業本部より(木村会長)
 ・国体のみの参加資格基準や2019年度茨城国体より、(男女各47都道府県ストレート参加)男子・女子種別とし、普及・強化を考え「少年種別」にする(日体協に申請中)
8)体罰・暴力の撲滅に向けた依頼事項について(下村事業本部長)
 ・32件の相談が寄せられた。各県開催の全大会開会式挨拶末尾に必ず「体罰・暴力は絶対に行わない」事を宣言することや体罰・暴力・セクハラの根絶について、加盟団体組織内において再度徹底こと。指導者資格取得研修会や大会・バレーボール教室での「体罰・暴力・セクハラ」に関する講習の内容の充実を図る。など説明があった。
9)その他 が報告された。

カテゴリー:協会

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

コメントする

※悪質・誹謗中傷などのコメントは、見つけ次第削除いたします

CAPTCHA